« ひかりクリニックの企業健診☆ | トップページ | インフルエンザ予防接種のご案内 »

抗生物質とは☆

今日は、いま話題になっている抗生物質についてお話したいと思います

抗生物質とは、ご存知の方の方が多いと思いますが、

感染症の原因となる病原菌をなくすための薬です

細菌の細胞に攻撃する薬であって、細胞を持たないウイルスには効果がありません

最近は抗生物質が効きにくくなったという話を耳にしたことがありますが、

日本は世界トップクラスの耐性菌保有国だそうです

耐性菌とは、抗生物質が効きにくくなった菌のことで、

医療制度が良くて簡単に受診でき、抗生物質を制限する機関がない

生活水準が豊かなことが耐性菌増加の原因となったようです。

要するに、単なる風邪などの不安や習慣的なことで簡単に抗生物質を

服用できてしまうため、がんの手術後や体の抵抗力が落ちているときなどの

一番必要なときに効果があまり得られないということが増えてきているようです

このような状態を増やさないために、風邪などの軽い症状のウイルス性の病気に対して

抗生物質の処方を減らし、抗生物質を適正に使うように促しているようです

何でも手に入りやすくなった現代ですが、抗生物質など薬に限らず、

いざという時のために何でもかんでも服用したりするのはあまり良くないのだと

感じました私自身、このような話を聞いて非常にためになりました

|

« ひかりクリニックの企業健診☆ | トップページ | インフルエンザ予防接種のご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抗生物質とは☆:

« ひかりクリニックの企業健診☆ | トップページ | インフルエンザ予防接種のご案内 »