« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

企業先の職員様のインフルエンザについて

本年もインフルエンザが流行するとの話があります

皆様にはインフルエンザワクチンの接種をお勧めしております

企業にお勤めの皆様には接種の機会がない様です。

当院では、下記内容で接種を実施しております

               記

  • 20名以上ですと、企業先へ訪問して接種を実施しております。

    (13時~15時の間で)

  • 実施日時についてはご相談に乗ります。
  • 後日、まとめての精算で結構です。

各企業様の要望にご相談させて頂きますのでご連絡下さいませ

ひかりクリニック    079-497-9700

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「肺炎」対策について

  • 年間10万人の人がなくなっています。
  • 全死亡者数の95%が65歳以上。
  • 肺炎は日本での死因の第4位。 

高齢社会となり、高齢者の肺炎による死亡率は毎年増加しております。

肺炎を軽く考えないで適切な対応をして下さい

  1. 肺炎の症状

    ・高熱(38度以上)が続く

    ・せきが激しく、たんが増えてくる

    ・たんの色が黄色や緑色となる

    ・息苦しく、よく眠れない

    ・胸に痛みを感じる

    ・食欲がなくなる

  2. 対策

     高齢者の肺炎はほとんどのケースが気管支肺炎であり、 風邪をひいて

      上気道の炎症が起こり、気管支に広がっていくことが多いようです

     風邪をひいたら無理をせずしっかり治すことが予防の第一歩になります

     65才以上の人・持病のある人は早期にかかりつけ医を受診して下さい。

     風邪なのか肺炎なのか、初期の段階の判断と適切な治療が重要です

  3. ワクチンの接種

     65才以上の高齢者の方は、肺炎にかかったら重症化するリスクが高いと

     言われています。また、糖尿病・リウマチ・CODP・慢性心不全・肝硬変 等

     の慢性疾患がある人には、肺炎球菌ワクチンの接種をすすめています。

     肺炎を悪化させない為には、早期発見・早期治療が重要です

     医療機関へご相談して下さい

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受付カウンター☆

受付のところに綺麗なお花が飾ってありますSbca0227_2

鮮やかでとても綺麗だったので香ってみようと

近付いてみるとなんと!造花でした

手作りのお花だそうです

あまりにも綺麗なので造花ということに

全く気がつきませんでした!

非常に華やかでなんだか気持ちも

明るくなってくるような受付になっております

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乳がん健診☆

ご存知ですか?無料で乳がん健診が受けられます

<乳がん健診無料クーポン券>

(クーポン券配布対象者は)、平成21年4月2日から平成22年4月1日までの間に

40才・45才・50才・55才・60才の誕生日を迎えられる女性を対象に

お住まいの市区町村から送付されます

※お住まいの市区町村により、配布内容は異なりますので

 お住まいの市区町村のがん健診担当窓口にお問い合わせ下さい

・稲美町   健康福祉課 健康推進係  直通:079-492-9138

・播磨町   健康安全グループ 健康増進チーム  直通:079-435-2611

・加古川市  健康課 成人保険係  直通:079-427-9215

稲美町指定の病院は、

奉志会グループのコスモクリニック  電話079-496-5577です。

予約が必要ですので、一度電話でご確認下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肺がん☆

芸能人の中でも肺がんで亡くなられた方がニュースでよく取り上げられています

少し前になりますが最近では、8月に芸能リポーターの梨元勝さんが

肺がんのためお亡くなりになりました

Photo

全てのがんの中で肺がん死亡者が最も多く、

その多くは喫煙が原因と言われています

喫煙者が肺がんにかかるリスクは、非喫煙者

の15倍から30倍と言われています

非喫煙者の中でも、喫煙者の吸っている

たばこの先端から出る副流煙を吸うことによって

肺がんになる可能性が非常に高くなります

こんな症状のある方は要注意です

 ・喫煙者

 ・40歳以上の方

 ・せきが出る方

 ・胸、背中の痛み

 ・声のかれ

 ・体重の減少

最新機器(CT)で撮影すれば、かなり小さな肺がんでも発見することが可能です

男女とも40歳を迎えたら、定期的に肺がん健診を受けましょう。

また、40歳未満の方でも、上記のような症状がある方は

肺がん健診をおすすめ致します

ひかりクリニック    079-497-9700

| | コメント (0) | トラックバック (0)

血圧脈波検査☆

前回の日記で少しふれた『血圧脈波検査』について説明したいと思います

今回、血圧脈波の検査についてよりわかりやすく説明できるようにと、

実際に自分が検査を受けてみました

検査方法はとても簡単で、測定自体にかかる時間は

わずか5分程度の検査でした

この短時間で、脈波図・心機図の検査が行えます

写真のようにベッドに横になり、両手・両足首の4ヵ所に

血圧計を装着し、血圧を同時に測定するだけなので痛みはありません。

2_5 

Photo

測定後にプリント結果が印刷されます結果には、

血管の硬さがわかるPWVや血管の詰まりがわかるABIが表示されており、

検査で得られた波形などの情報から動脈硬化を総合的に診断することができます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動脈硬化

動脈硬化とは簡単に言うと、動脈が狭くなる、またはかたくなることです

動脈の血管の内側の壁に余分なコレステロールがたまって、

プラークと呼ばれる大きなコブを作って狭くなったり

血管の弾力がなくなる状態をさします。

プラークは大きくなるだけでなく突然破裂することもあり、

その結果、血の塊によって完全に血管が詰まります

それが心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わる怖い病気です

動脈硬化の主な原因は、コレステロールの過剰摂取や高血圧・

タバコ・糖尿病・肥満・加齢などがあげられます。3

厚生労働省の調査結果によると、2_2

日本人の死亡原因は

* 第一位 悪性新生物 (癌)

* 第二位 心疾患

* 第三位 脳血管疾患

であることが明らかになっています

心疾患と脳血管疾患は主として動脈硬化

が原因と考えられています。

そうなると、現在4人に1人は動脈硬化が原因で命を落としているということが分かります

困ったことに、動脈硬化は自覚症状を伴わないため自分では気付けません。

自分の動脈硬化の程度を知るための最も簡単な方法は、

血液検査の数値と脈波図です

(血液検査と脈波図の詳しいことについては、また改めてアップしたいと思います)

動脈硬化の手がかりを知るためにも、気になる方は

ひかりクリニックでも実施しておりますので一度診察を受けにお越し下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

禁煙外来

10月1日からついにタバコが値上げしてしまいましたね

買いだめされた方も多いのではないのでしょうか

しかし、タバコはまさに「百害あって一利なし」で、あらゆる病気の発生率は

タバコを吸う人のほうが高いのです。

肺気腫なら2.2倍・肺がんだと4.5倍・喉頭がんだと33倍にもなります。

喫煙者の近くにいる人がタバコの煙を吸う受動喫煙はもっとたちが悪いのです

副流煙に含まれる有害物質は主流煙の数倍~数十倍とされています

日本人の喫煙人口は約2500万人で、 成人の4人に1人が吸っていることになりますPhoto_2

グラフからも分かるように、

他の先進国に比べて格段に高いです

そんな中、タバコが増税して値上がりしたこともあり、

最近禁煙しようとする人も増えています

ですが、いざ禁煙しようとしても

一人ではなかなか難しいようです

そこで

同じ法人内の大西整形外科クリニックでは禁煙外来を実施しており、禁煙されたい方の強い味方です

気になる方はぜひ一度、ご来院下さい

大西整形外科クリニック    079-492-0935

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザ予防接種のご案内

再度、今年度のインフルエンザ予防接種についてのご案内を致します

現在、予約受付中です。  ( 電話でのご予約も可能です。)

予約状況→予約が詰まりつつありますが、まだ空きもございます。

    予約表に直接記入しに来て頂くか、お電話のご予約も受け付けております。

接種は10月1日より始まっております。

新型と従来型の混合ワクチン

料金 1回3,600円   2回目2,550円

中学生以上の接種となります。

何かご不明な点がございましたら下記までお問い合わせ下さい

ひかりクリニック  079-497-9700

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »